2015年08月30日

【神話】「か」の項・神話に出てくる固有名詞その他

【覚書】神話に出てくる固有名詞その他・「か」の項
・このページは管理者が新しい情報を入手するたび、更新されていきます。


N145_yamayamatokumo500-thumb-350.jpg350%-1926.jpg

か=


・ガースト(妖名)……死の世界を司るデーモンの手下(早川 浩『RPG幻想事典』日本ソフトバンク出版事業部 Amazonリンク


・カイビトゥ・エム・ベトゥ・トゥフ(エジプト)……<邪力の影>傘を思わす形が三つ、小さな島、フクロウ、足、ふたたび小さな鳥、縦に並んだ魚とナメクジ(以上神聖文字)(ティム・パワーズ『アヌビスの門』上 ハヤカワ文庫FTP.35 Amazonリンク


・ガス・サン・ハラ(エジプト)……古代エジプト人がピラミッドの頂点部をとくに重要視して、ガス・サン・ハラ(場所・結ぶ・天)つまり「天界と結ばれる所」と呼んだ。(EX.アブマール、バンバン、アープ)(荒巻義雄『幻文明の旅』徳間文庫P.239 Amazonリンク


・カムラツ(マヤ)……フラカン神が最初の人間をほろぼすために洪水を起こしたのちに、逃げまどう人間を追いまわして頭を咬み切った鳥(EX.
シュコトコバチテクムバラムコツバラム)(松村武雄編『マヤ・インカ神話伝説集』社会思想社P.79 Amazonリンク


・カヤラー(キチェー)(地名)……「腐ったもの」または「腐った水」を意味する。(レシーノス原訳『ポポル・ヴフ』中公文庫p.123,222 Amazonリンク


・カリアッハ・ヴェーラ(Cailleach Bheur)(妖名)……スコットランド、アイルランドの妖精“青い妖婆”。陽射しを暗くし雪を呼ぶ。動物たちの守護精霊、使い魔として使役。冬が過ぎ、春になると石になるとも美しい夏の乙女になるともいわれる
0カリアッハ・ヴェーラ(素材使用).jpg


・ガレル・アハウ(キチェー)……キチェーの有力家のひとつ。(レシーノス原訳『ポポル・ヴフ』中公文庫p.177 Amazonリンク


・カンナギ……古代シャーマン。蛇巫(ヘビカンナギ)=フジハラ(蛇捕りのサンカ語)、牛巫、獅子巫、鳥巫、等。



PPP_tentoumushi500-thumb-350.jpg350%-395.jpg



※記事中の画像は「フリー写真素材ぱくたそ」からのフリー素材です。
※Amazonリンクなどの店舗へのリンクは参考リンクです。同一の書籍ではない場合があります。ご了承下さい。
posted by 青木無常 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ファン