2015年08月25日

【神話】「け」の項・神話に出てくる固有名詞その他

【覚書】神話に出てくる固有名詞その他・「け」の項
・このページは管理者が新しい情報を入手するたび、更新されていきます。

MMO_hawaitousanset2500-thumb-350.jpg350%-1281.jpg



け=

・ケクマ・ハ(キチェー)……「闇の館」。シバルバーにある懲らしめの場のひとつ。(レシーノス原訳『ポポル・ヴフ』中公文庫p.54 Amazonリンク


・ゲブとヌウト……大地の神ゲブはシュウの息子、天空の神ヌウトはゲブの妹であり妻。シュウに引き離され、そのとき天と地が分かれた。(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク




・ゲヘナ(ヘブライ)……ヘブライ語で「地獄」。(桂令夫『イスラム幻想世界』新紀元社p.92 イスラム幻想世界


・ケペリ……フンコロガシの頭をした太陽神ラーの一形態
 日の出を象徴するラーの形態のひとつ。フンコロガシは太陽の運行を象徴すると考えられていた。(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク


※記事中の画像は「フリー写真素材ぱくたそ」からのフリー素材やAmazon・楽天等へのスポンサーリンクなどです。
※Amazonリンクなどの店舗へのリンクは参考リンクです。同一の書籍等ではない場合があります。ご了承下さい。

posted by 青木無常 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/293602021

この記事へのトラックバック

ファン