2015年05月23日

【神話】「へ」の項・神話に出てくる固有名詞その他

・このページは管理者が新しい情報を入手するたび、更新されていきます。
【覚書】神話に出てくる固有名詞その他・「へ」の項



へ=


・ペイガン(アイルランド)……異教(EX.トゥァハ・デ・ダナーン)(W・B・イエイツ編『ケルト幻想物語』ちくま文庫P.227 Amazonリンク


・ヘイド(神名)(エッダ)……魔法の心得のある女。(中世文学集III『エッダ、グレティルのサガ』ちくま文庫P.17 Amazonリンク


・ヘイドルン(エッダ)……牝山羊。ヘイドルンの蜜酒。


・ヘイムダル(神名)(エッダ)……神々の番兵。天の境界でビフロストを見張る。小鳥よりも短い睡眠。夜でも百マイル四方を見る。耳も敏感で、草がのびる音、羊の毛がのびる音もきく。


・ヘカウ(エジプト)……ワード・オブ・パワー(呪力の語)(ティム・パワーズ『アヌビスの門』上 ハヤカワ文庫FTP.24
 Amazonリンク


・ベス(エジプト)……舞踏と戦闘の神で羊飼いの守護神。また、妊婦と新生児を悪霊から守る神としても知られている。(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク


・ヘッヂホッグ(エジプト)……ハリネズミ(用法:ヘッヂホッグを焼く香ばしい香り)(ティム・パワーズ『アヌビスの門』上 ハヤカワ文庫FTP.13
 Amazonリンク


・ベヌウ(エジプト)……黄金色に輝く青サギの姿をした不死鳥
 ヘリオポリスで信仰された鳥。死と再生を繰り返す不死鳥で、ギリシャ神話のフェニックスの原型。(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク


・ベリアル(悪魔)……無益の意。(小嶋 潤『聖書小辞典』現代教養文庫p.99)






・ペリュトン(妖名)……シカ+鳥(早川 浩『RPG幻想事典』日本ソフトバンク出版事業部 Amazonリンク


・ヘル(神名)(エッダ)……゜ロキの娘。「死」。ニフルヘイムル、九つの世界、あるいは国を治める。身体の半分が肌色、半分は青白い色。ぞっとするような顔つき。


・ヘルハウンド(妖名)……地獄の番犬(早川 浩『RPG幻想事典』日本ソフトバンク出版事業部 Amazonリンク


・ベレヘブ・クエフ(キチェー)……キチェー族の統治者のひとり。(レシーノス原訳『ポポル・ヴフ』中公文庫p.177 Amazonリンク


・ヘレル・ベン・サハル(ヘブライ)……明けの明星=金星の意。「ルシファーという名称はラテン語である。ラテン語で「光をもたらす者」という意味がある。ヘブライ語ではヘレル・ベン・サハルという。明けの明星=金星という意味である。手元に英和辞典があるのならLucuferという語を調べてみてほしい。ルシファー=サタンという意味と同時に金星という意味もあるはずだ。金星は太陽・月を除けば最も明るく輝く。その金星がルシファーの象徴として選ばれたのである。ルシファーという名称はヘレル・ベン・サハルのラテン語訳として制定された名称である。ルシは光を意味する。ファーは運ぶという意味である。ルックスという言葉もルシから来ている。」(http://homepage1.nifty.com/OMEGAPOINT/myth/israel/page5.htm←リンク切れ)






※記事中の画像はAmazon・楽天等へのスポンサーリンクなどです。
※Amazon・楽天リンクなどの店舗へのリンクは参考リンクです。同一の書籍等ではない場合があります。ご了承下さい。

posted by 青木無常 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/308710746

この記事へのトラックバック

ファン