2015年05月20日

【神話】「め」の項・神話に出てくる固有名詞その他

【覚書】神話に出てくる固有名詞その他・「め」の項
・このページは管理者が新しい情報を入手するたび、更新されていきます




め=

・メイガス……魔術師朝松健『ヨス=トラゴンの仮面』『SFマガジン』1994年6月号(ハヤカワ文庫『邪神帝国』にて再録 Amazonリンク


・メノーティスとヘラクレオン……エジプトの地中海の海底でほぼ完全な形で発見され、今年6月にその発見が公表された2つの古代エジプト都市は、巨大地震によって水中に没した可能性がある。/ 当地で開催された米地球物理組合(AGU)の会合に出席した科学者が明らかにした。/ それによると、調査の結果、今から1000年以上前に、古代都市メノーティスとヘラクレオンがエジプト・アレクサンドリア沖に水没した原因は、巨大地震である可能性が高い。/ さらに、現代の都市であるアレクサンドリアを、危険にさらしかねない地震の断層線がおそらく存在する、という。([サンフランシスコ 17日 ロイター]2000/12月18日 14:39)


・メレトセゲル(エジプト)……コブラの頭をもつテーベ西岸の静寂の女神
 名前の意味は「沈黙を愛する女」。墓所、死、静寂の象徴で、テーベの西にある山を神格化した。(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク


・メンチュウ(エジプト)……ハヤブサ頭に太陽の円盤と羽根をつけた軍神
 テーベで信仰された戦いの神。ハヤブサの頭に太陽円盤と2枚の羽根飾りをつけた姿で描かれる。(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク


※記事中の画像は「フリー写真素材ぱくたそ」からのフリー素材やAmazon・楽天等へのスポンサーリンクなどです。
※Amazonリンクなどの店舗へのリンクは参考リンクです。同一の書籍等ではない場合があります。ご了承下さい。

posted by 青木無常 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312966622

この記事へのトラックバック

ファン