2015年03月22日

【神話】「ら」の項・神話に出てくる固有名詞その他

【覚書】神話に出てくる固有名詞その他・「ら」の項
・このページは管理者が新しい情報を入手するたび、更新されていきます



ら=

・ラー……太陽を天空を航行する船ととらえる「太陽の船」神話。これによると、ラーは毎日、3つの形態になって現世と冥界の間を行き来し、死と再生を繰り返す(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク)
 太陽をラーの目ととらえる「ラーの目」神話。自分に従わない人間たちを滅ぼそうとしたラーが、自らの右目からセクメトを生み出し、地上に送り込むという話である。セクメトが人間たちを殺戮し、勢いが止まらなくなったため、その後、後悔したラーがセクメトを地上に呼び戻したとされている。(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク)
 太陽神は時間とともに姿を変える。日の出の太陽はケペリであり、昼の太陽の下では、ラー・ホルアクティ、力が衰えた日没にはアトゥムとなった。そして、冥界でオシリスと一体化する。(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク)




・ラーとアポピスの戦い……ラーは昼、聖船で航行し、日没とともに冥界に入る。ラーが冥界の旅を終え、朝日として復活するためには、闇に潜むアポピスを倒す必要がある。この戦いは毎日繰り返された。(学研ムック『ゼロからわかる古代エジプト』学研 Amazonリンク)


・ラプシスプルクル(神名)(アイヌ)……翅の生えている魔力ある神


・ラボラトリウム……錬金術師の実験室。ラボル<labor>とオラトリウム<oratorium>からなり、それぞれ労働と祈りの場所とを意味する。(K.セリグマン『魔法―その歴史と正体』平凡社世界教養全集p.136 Amazonリンク


・ラルヴァ(妖名)……胴体がミミズの化物(早川 浩『RPG幻想事典』日本ソフトバンク出版事業部 Amazonリンク



※記事中の画像は「フリー写真素材ぱくたそ」からのフリー素材やAmazon・楽天等へのスポンサーリンクなどです。
※Amazonリンクなどの店舗へのリンクは参考リンクです。同一の書籍等ではない場合があります。ご了承下さい。

posted by 青木無常 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318684722

この記事へのトラックバック

ファン