2015年03月18日

【神話】「れ」の項・神話に出てくる固有名詞その他

【覚書】神話に出てくる固有名詞その他・「れ」の項
・このページは管理者が新しい情報を入手するたび、更新されていきます




れ=

・レピドタス(魚名)(エジプト)……神格化された魚の名。オシリス神話のなかに記された。その種類や現在の名を断定するには資料が少ない。テーベから出土したとされているレピドタスを表した青銅製の像を見ると、現在のバピルス・ビンニという魚によく似ている。したがってレピドタスはバピルス・ビンニのことだとする学者もいる。しかし、ほかにもナイル川でごく一般的にみられるラベオ・ナイロティカスという魚もレピドタスによく似ている。この魚はコプト語でレビスと呼ばれており、発音からみるとレピドタスはラベオ・ナイロティカスではなかったかとも思われるのである。さらに、レピドタスはラテス・ナイロティカスではなかったかという説も生まれている。(参考:オクシリンコスファグラス)(吉村作治『ファラオの食卓』小学館ライブラリーP.122,126 Amazonリンク


・レムル(妖名)……レムルどもは骸骨の幽霊で、メフィストの手下。(ゲーテ『ファウスト』角川文庫p.694 Amazonリンク


※記事中の画像は「フリー写真素材ぱくたそ」からのフリー素材やAmazon・楽天等へのスポンサーリンクなどです。
※Amazonリンクなどの店舗へのリンクは参考リンクです。同一の書籍等ではない場合があります。ご了承下さい。

posted by 青木無常 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/323369948

この記事へのトラックバック

ファン